もらえるお金

未払い残業代の請求を弁護士や専門家に依頼して取り戻した方法10

サービス残業が常態化しているブラックな職場だと、残業代が支払われず泣き寝入りしているケースもあるかと思います。
そこで、未払い残業代を取り戻した10人の人に、どのような方法で取り戻したのかを聞いてみました。
今回は、サービス残業の時間が短い方から順に紹介して行きます。

Contents
  1. 第10位:ファッション業界でのサービス残業の未払い請求で残業代を取り戻した事例
  2. 第9位:スポーツ用品店でのサービス残業の未払い請求で80時間分の残業代を取り戻した事例
  3. 第8位:建設業界でのサービス残業の未払い請求で残業代を取り戻した事例
  4. 第8位:建設業界でのサービス残業の未払い請求で約120時間の残業代を取り戻した事例
  5. 第6位:食品製造業界でのサービス残業の未払い請求で約200時間の残業代を取り戻した事例
  6. 第5位:レジャー業界でのサービス残業の未払い請求で250時間分の残業代を取り戻した事例
  7. 第4位:デザイン業界でのサービス残業の未払い請求で約300時間の残業代を取り戻した事例
  8. 第3位:IT業界でのサービス残業の未払い請求で357時間分の残業代を取り戻した事例
  9. 第2位:不動産業界でのサービス残業の未払い請求で580時間の残業代を取り戻した事例
  10. 第1位:建設業界でのサービス残業の未払い請求で毎月200
  11. 時間分の残業代を取り戻した事例

第10位:ファッション業界でのサービス残業の未払い請求で残業代を取り戻した事例

社長を含めた社員数が9名のファッション業界の会社で、営業職として仕事をしていました。

サービス残業の実態や土日出勤の状況

土日の残業はあったものの深夜勤務はなしで、月30時間程度のサービス残業がありました。

職場の雰囲気、経営者や上司のパワハラについて

女性の割合が多かった会社のため、パワハラはなく、雰囲気のよい職場だったと記憶しています。

未払い残業代を請求した方法、依頼した専門家

会社から数駅程度離れた、未払い残業代に詳しい専門家がいる法律事務所に依頼しました。過去1年間の勤務に使った通話記録及びメール記録から、自分で勤務時間を割り出し、まとめた書類を弁護士に提出しました。その上で、「未払代金の請求」という内容の内容証明郵便を弁護士に作成してもらいました。

未払い残業代についての会社の対応。取り戻した残業代の時間

未払残業代請求後、社長より「未払代金があったため、振込の準備を終えた」と言われ、30時間分の残業代が振り込まれました。

サービス残業で悩む人へのアドバイス

サービス残業をしたのに、残業代が振り込まれていないと気づいたら、その事実を経営者ではなく弁護士に連絡する方法がベストです。

第9位:スポーツ用品店でのサービス残業の未払い請求で80時間分の残業代を取り戻した事例

私が勤務しているのは社員数が約80人のサービス業界で、スポーツ用品の販売が主な仕事です。

サービス残業の実態や土日出勤の状況

毎月10時間くらいのサービス残業がありました。深夜や土日の残業はありませんでした。

職場の雰囲気、経営者や上司のパワハラについて

パワハラはありませんでしたが、人員不足だったため職場の雰囲気は常にピリピリしていました。

未払い残業代を請求した方法、依頼した専門家

専門家から意見を聞くため弁護士に相談しました。すると「個人で使っているパソコンの電源を入れた時間とシャットダウンした時間がわかるデータをプリントアウトしてください」といわれたので、そのデータをもとに未払いの残業代を請求しました。

未払い残業代についての会社の対応。取り戻した残業代の時間

請求後は会社から「この件は労働基準監督署に言わないでくれよ」と口止めされました。結果的には80時間分の残業代として10万9千円を取り返すことができました。

サービス残業で悩む人へのアドバイス

サービス残業で悩んでいる人は、たとえ未払いの残業代を取り返すことができたとしても会社とのわだかまりが残る可能性が高いことを覚悟しておいてください。

第8位:建設業界でのサービス残業の未払い請求で残業代を取り戻した事例

建設業界で建材商社に勤めています。社員数は5名、仕事は受発注等、事務全般を担当しています。

サービス残業の実態や土日出勤の状況

残業は平均で月30時間程度、繁忙期は月1~2回、土日の出勤もありました。

職場の雰囲気、経営者や上司のパワハラについて

経営者を除いて、スタッフ同士は団結力があり、職場の雰囲気は悪くありませんでした。

未払い残業代を請求した方法、依頼した専門家

月の半分も残業をつけてもらえず、社員全員不満を持っていました。皆で相談した結果、専門家に相談しようという事になり、弁護士さんの無料相談会に出向き、未払い残業代の請求方法について、アドバイスをもらいました。

未払い残業代についての会社の対応。取り戻した残業代の時間

会社にタイムカードが導入されていないので、パソコンのオンオフ時間を証拠としました。請求後、平均で1人あたり120時間の未払い残業代を支払ってもらえました。

サービス残業で悩む人へのアドバイス

タイムカード以外にも証拠になる物はあります。弁護士以外に、労働基準監督署等でも相談にのってくれるので、サービス残業で泣き寝入りしないようにしましょう。

第8位:建設業界でのサービス残業の未払い請求で約120時間の残業代を取り戻した事例

建設業界で建材商社に勤めています。社員数は5名、仕事は受発注等、事務全般を担当しています。

サービス残業の実態や土日出勤の状況

残業は平均で月30時間程度、繁忙期は月1~2回、土日の出勤もありました。

職場の雰囲気、経営者や上司のパワハラについて

経営者を除いて、スタッフ同士は団結力があり、職場の雰囲気は悪くありませんでした。

未払い残業代を請求した方法、依頼した専門家

月の半分も残業をつけてもらえず、社員全員不満を持っていました。皆で相談した結果、専門家に相談しようという事になり、弁護士さんの無料相談会に出向き、未払い残業代の請求方法について、アドバイスをもらいました。

未払い残業代についての会社の対応。取り戻した残業代の時間

会社にタイムカードが導入されていないので、パソコンのオンオフ時間を証拠としました。請求後、平均で1人あたり120時間の未払い残業代を支払ってもらえました。

サービス残業で悩む人へのアドバイス

タイムカード以外にも証拠になる物はあります。弁護士以外に、労働基準監督署等でも相談にのってくれるので、サービス残業で泣き寝入りしないようにしましょう。

第6位:食品製造業界でのサービス残業の未払い請求で約200時間の残業代を取り戻した事例

社員数250名ほどの食品製造業界の会社で、仕事は機械オペレーターを担当していました。

サービス残業の実態や土日出勤の状況

毎月10時間程度のサービス残業があり、土日の残業も当たり前でした。

職場の雰囲気、経営者や上司のパワハラについて

トラブルが発生して製造ラインがストップすると上司に恫喝されるなど、パワハラが日常的で職場の雰囲気は重苦しいものでした。

未払い残業代を請求した方法、依頼した専門家

私が未払いの残業代を請求したのは退職後のことでした。在職中に未払いの残業代を請求できる雰囲気の職場ではなかったからです。私がまず相談したのは弁護士や社労士などの専門家ではなく、労働基準監督署でした。職員の方のアドバイスに従い、内容証明郵便を会社に送付しました。

未払い残業代についての会社の対応。取り戻した残業代の時間

未払いの残業代を請求後、会社側からは意外なほどあっさり支払いを行う旨の連絡がありました。過去2年分のおよそ200時間の残業代を取り返すことができました。

サービス残業で悩む人へのアドバイス

働いた分の賃金を受け取るのは労働者の権利です。サービス残業で未払いの残業代がある方は、退職後でもかまわないのでしっかり取り返すようにしましょう。

第5位:レジャー業界でのサービス残業の未払い請求で250時間分の残業代を取り戻した事例

未払い残業代は、パチンコ業界での経理関係を扱う仕事で、社員数は25名ほどでした。

サービス残業の実態や土日出勤の状況

毎月20時間ほどのサービス残業が発生しており、土日も通常どおり出勤していました。

職場の雰囲気、経営者や上司のパワハラについて

パワハラやセクハラが当たり前のように横行しているうえに、社員同士の足の引っ張り合いも多く、職場の雰囲気は悪かったです。

未払い残業代を請求した方法、依頼した専門家

未払い残業代は、知人の紹介で弁護士事務所に依頼して請求することになっていたので、私は専門家の指示に従って在職中のタイムカードのコピーや給与明細を準備しただけで、内容証明の送付や交渉などはすべて丸投げできました。

未払い残業代についての会社の対応。取り戻した残業代の時間

請求後は会社側も弁護士を立てたので、弁護士同士の交渉の末、和解金の提示があり、それに同意することによりトータルで250時間分の残業代を取り返しました。

サービス残業で悩む人へのアドバイス

労働に賃金が発生するのは当然のことで、「サービス残業」という名の強要は、あってはならないものです。諦める前に、専門家に相談してみてください。

第4位:デザイン業界でのサービス残業の未払い請求で約300時間の残業代を取り戻した事例

未払い残業代があった会社は、デザイン業界で社員数は100人で雑誌の紙面を制作する仕事です。

サービス残業の実態や土日出勤の状況

毎月の残業時間は50時間にもなり深夜まで働きました。また、土日に出勤することもありました。

職場の雰囲気、経営者や上司のパワハラについて

職場の雰囲気は締め切りがあり時間に追われるせいか、皆忙しそうで殺伐としていました。

未払い残業代を請求した方法、依頼した専門家

未払いの残業代は、私から会社の経理部に直接請求しても払ってもらえなかったので、インターネットで評判の良い弁護士を探して依頼しました。法律の専門家である担当弁護士から、タイムカードのコピーを勤務時間の証拠として準備するように言われました。

未払い残業代についての会社の対応。取り戻した残業代の時間

残業代の請求後は、スムーズに会社から残業代を払ってもらうことができました。トータルで約300時間分の残業代は100万円にもなりました。

サービス残業で悩む人へのアドバイス

サービス残業に悩んでいる方は、一日も早く弁護士や社労士に相談することをお勧めします。そして、自分のためにもサービス残業はすべきでないと思います。

第3位:IT業界でのサービス残業の未払い請求で357時間分の残業代を取り戻した事例

IT業界で、社員数50人の会社です。仕事はWEBの営業をしていました。

サービス残業の実態や土日出勤の状況

最低でも20時間、多い時で月に45時間のサービス残業がありました。
土日も出社日がありました。

職場の雰囲気、経営者や上司のパワハラについて

職場は残業をすることが当たり前の雰囲気でした。
「サービス残業は自分が能力不足だから」というパワハラがありました。

未払い残業代を請求した方法、依頼した専門家

会社を辞めようと思った時に、未払いの残業代が請求できることを知りました。
無料相談で専門家に相談したら、これは確実に請求できると言われたのです。
弁護士に相談し、毎日上司に送っていた日報の時刻や朝のメールなどを証拠として準備しました。

未払い残業代についての会社の対応。取り戻した残業代の時間

請求後、弁護士に話し合い交渉なども代行してもらいました。
取り返したのは、357時間分の残業代、56万円です。

サービス残業で悩む人へのアドバイス

サービス残業をしている人に伝えたいことは、どんな企業であれ、残業代を支払っていないのであれば言い逃れはできないということ。
安心して請求しましょう。”

第2位:不動産業界でのサービス残業の未払い請求で580時間の残業代を取り戻した事例

不動産業界で外回りのセールスの仕事をしていました。社員数はおよそ20人くらいの会社です。

サービス残業の実態や土日出勤の状況

月に30時間はサービス残業がありました。深夜は無かったですが、土日残業はありました。

職場の雰囲気、経営者や上司のパワハラについて

セールス目標グラフで最下位の人は、みんなの前でしかられるというパワハラがありました。職場の雰囲気は暗かったです。

未払い残業代を請求した方法、依頼した専門家

残業代に未払いのものがある旨を会社に相談しましたが、全く相手にされませんでした。残業も含め確実に成果を出した部分もあったので、専門家の弁護士に残業代請求についての相談をしました。証拠としては、帰宅時の家へのLINE履歴やタクシーの領収書が準備できました。

未払い残業代についての会社の対応。取り戻した残業代の時間

内容証明郵便が会社に届くと、すぐに会社が動き始めました。請求後は、残業の運用をすぐに変えたのでビックリです。残業代はトータル580時間くらいでした。

サービス残業で悩む人へのアドバイス

サービス残業でなやんだら、すぐに弁護士に相談するのがいいです!一番良かった点は、解決までのスピードが段違いに早かったところです。

第1位:建設業界でのサービス残業の未払い請求で毎月200

時間分の残業代を取り戻した事例

建設業界で働いています。社員数は10人程度、現場監督の仕事を担当していました。

サービス残業の実態や土日出勤の状況

残業は、毎月200時間程度ありました。土日や深夜にも行われていました。

職場の雰囲気、経営者や上司のパワハラについて

建設業界独特の雰囲気があり、パワハラや恫喝などが多い職場でした。残業代の未払いを切り出す雰囲気ではありませんでした。

未払い残業代を請求した方法、依頼した専門家

未払い残業代請求の専門家である弁護士の先生に、対処を依頼しました。勤務先ではタイムカードによる打刻が行われていないため、残業時間を証明する資料として、業務日報を活用する事を、先生と話し合って決めました。

未払い残業代についての会社の対応。取り戻した残業代の時間

請求後、すぐに残業代が振り込まれることはありませんでした。しばらくやり取りをしてから、請求を認めてもらった感じです。要した時間は、50時間程度です。

サービス残業で悩む人へのアドバイス

サービス残業で悩む方は、一人で悩まずに、早い段階で専門家に依頼することを考えましょう。法的処置に出ても、働き辛くなることはありません。

未払い残業代を取り戻すには専門家に早めの相談を

今回は、未払いの残業代を取り戻した10の事例を紹介しました。証拠となる資料や、対応の手順などもありますので、専門家への無料相談などで早めに相談しましょう。

また、退職時に残業代を取り戻すには、弁護士や労働組合の退職代行と合わせて依頼できるため、検討してみても良いですね。

ABOUT ME
ゆかりん姉さん
【ゆかりん姉さんの経歴:一部】 ・18歳から63歳までの就活支援の経験あり ・職業訓練の講師資格持ち ・自分自身も3回転職 ・採用担当をやったいた時期も ・いまは、お仕事系メディアの管理人
ゆかりん姉さんがLINEでお仕事紹介

LINEチャットボットが、あなたにあったお仕事を紹介♪

未経験OKのお仕事から、プロフェッショナルなお仕事まで、おすすめの情報をお知らせ
安心して始められるウェブサイトを紹介してますよー

 

スマホ

  • 下記のボタンから友だち登録してください
友だち追加
  • または、下記のQRコードから友だち登録してください
退職代行サービス一覧
  • 退職代行NEXT

    退職代行NEXTは、弁護士サポートの退職代行サービス 弁護士が対応できる範囲は「雇用契約の解除」行為となり、 法律上の動きとなりますので、それらにまつわる未払い残業代、 有給取得を含む給与等の請求についてもスムーズに行うことが可能です。 また、弁護士が受任することによって後に響かない退職が可能です。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディガンは、東京都労働委員会認証の合同労働組合が運営する退職代行サービスです。 労働組合による運営なので、低価格で確実に退職することができるのが特徴です。   即日対応であるので、申込後に出社する必要はありません。 (就業規則に1ヶ月という記載があっても出社不要)
  • 弁護士法人みやびの退職代行

    弁護士法人みやびの退職代行サービスは、弁護士法人による退職代行サービスのため、退職代行と合わせて残業代請求交渉、退職金請求交渉、有休消化交渉も成功報酬で依頼することができます。