仕事辞めたい

20代の販売職女性が仕事を辞めたくなった理由

私が着物販売の仕事を始めたのは21歳の時で辞めたいと思い始めたのは2年務めた23歳の時です。当時は未婚で子供もいなかったので正社員で働いていました。

退職を考えた理由は?

退職を決めた一番大きな理由は人間関係です。職場スタッフの年齢層が自分よりも高いと、お互いの考えに大きな差があります。その中でも50代のリーダー的存在の人は、他人の意見を取り入れず自分の考えは絶対変えない信念でやってきていたので、その考えに合わせていくのが辛いです。

退職を誰かに相談しましたか?

職場を辞める時は友人に相談し、同じ年代からの意見を聞くと冷静に判断できます。職場は3年は続けるべきという親世代の人もいますが、自分の人生は自分で責任を取るべきだと友人が教えてくれたので、恐れずに退職を決意することができました。

退職の手続きは、どのように進めましたか?

店長に退職の意思を伝えてから、本社に連絡をして書類の手続きをします。職場の人はもう少し頑張ってほしいという反応でした。

退職した後は、どのように過ごしましたか?

退職する1ヶ月前には次にやってみたい職場に応募して採用も決まっていたので、休暇を取らずにすぐに働きました。

退職後の変化は?

新しい職場はスタッフ全員が20代で、世代のギャップがなく悩みが共有できるようになったのが職場の大きな変化です。

退職して良かったですか?

退職を経験すると、次の職場を決めるときに自分の中での条件が明確にわかります。その条件に当てはまる職場を探すことができたからこそ、前職の人間関係の悩みも無くなり、仕事を楽しむことができます。初めは勇気がいりますが、退職をして良かったです。

今は、どのように過ごしていますか?

今は時代も変わり、働き方も自由になりつつあるので、アルバイトをしながら副業をして生計を立てています。

退職に悩む人へのアドバイスは?

職場での環境は人生において大きな影響を与えるので、本当に辛かったり逃げ出したい時は、無理をしてその職場にいる必要はないと感じます。とことん自分に合う職場を探して、自分自身を尊重していくことが大切です。

今後の目標や計画は?

今後はどこかの会社に所属するというよりかは、自分自身でお金を稼いで好きな時間に仕事をしていきたいです。

退職に悩んだ時は、転職サイトも活用したり、友人に相談することも

退職で悩むときは、その仕事や生活の不安も大きくなります。親しい友人に相談したり、客観的にみて転職した方が良いのか、退職代行サービス一覧などをチェックしてみるのも一つの方法です。
退職体験談が参考になれば、幸いです。

退職代行サービス一覧
  • 退職代行NEXT

    退職代行NEXTは、弁護士サポートの退職代行サービス 弁護士が対応できる範囲は「雇用契約の解除」行為となり、 法律上の動きとなりますので、それらにまつわる未払い残業代、 有給取得を含む給与等の請求についてもスムーズに行うことが可能です。 また、弁護士が受任することによって後に響かない退職が可能です。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディガンは、東京都労働委員会認証の合同労働組合が運営する退職代行サービスです。 労働組合による運営なので、低価格で確実に退職することができるのが特徴です。   即日対応であるので、申込後に出社する必要はありません。 (就業規則に1ヶ月という記載があっても出社不要)
  • 弁護士法人みやびの退職代行

    弁護士法人みやびの退職代行サービスは、弁護士法人による退職代行サービスのため、退職代行と合わせて残業代請求交渉、退職金請求交渉、有休消化交渉も成功報酬で依頼することができます。