退職代行体験談、使ってみた

退職代行サービスを使ってみた10人の体験談(労働組合系)

労働組合系の退職代行サービスを利用した10人の社会人に、退職代行のメリット、デメリット、退職代行を使ってみて希望にあった退職は実現できたのか?後悔しない活用方法などのリアルな声を聞いてみました。

Contents
  1. 28歳販売職の女性が退職代行を使ってみた体験談
  2. 27歳販売職の女性が退職代行を使ってみた体験談
  3. 27歳アパレルメーカー販売職の女性が退職代行を使ってみた体験談
  4. 28歳看護師の女性が退職代行を使ってみた体験談
  5. 35歳のハウスメーカー営業職の男性が退職代行を使ってみた体験談
  6. 34歳一般事務職の女性が退職代行を使ってみた体験談
  7. 27歳営業職の男性が退職代行を使ってみた体験談
  8. 28歳事務職の女性が退職代行を使ってみた体験談
  9. 32歳エンジニアの男性が退職代行を使ってみた体験談
  10. 28歳自動車販売職の女性が退職代行を使ってみた体験談
  11. 退職代行(労働組合系)の体験談のまとめ

28歳販売職の女性が退職代行を使ってみた体験談

28歳の時に正社員のアパレル販売スタッフとして勤務していた職場を退職する時に、退職代行を利用しました。

残業時間、月給、ボーナス

当時の月給は手取り19万円ほどで、残業時間は日によって異なりましたが平均して毎日30分~1時間ほどでした。

退職した会社の上司や職場の様子

とても忙しい店舗で、全体的に穏やかな雰囲気ではありませんでした。上司との仲も良好とは言えず、仕事の相談事もし辛い雰囲気でした。

退職理由

私が退職しようと思ったのは、職務内容によって慢性的になってしまった怪我を完治させたいという理由からでした。

弁護士系の退職代行サービスを選んだ基準

私自身、退職代行というものを知ったのがネットだったので、ネットの検索で業者を探しました。実際に利用された方の口コミを基準に選びました。

退職代行サービスの申し込み後の対応

申込もネットで出来ますし、退職に関する質問もネットのチャット形式で出来たので気兼ねなく利用でき、手続きはとてもスムーズに進みました。

有給休暇の消化や退職日

退職日は最短の希望だったのですがその通り退職することが出来ました。有給休暇の消化もきちんと出来て満足しています。

退職代行のメリット、おすすめできる点

上司と仲の悪い環境下では、退職の相談をするのにものすごい労力が必要でした。その大変な作業をお任せできるのが一番のメリットでした。

退職代行の費用、デメリット

私の場合勤務地が店舗だったので、退職後そのお店付近に行きづらくなったのが唯一のデメリットだと思います。

退職代行の利用後に後悔や失敗はないか?

やはり退職時にストレスがないと退職後もすぐに自分のペースで生活することが出来て、怪我の治療に専念できたので大変ありがたく思いました。

27歳販売職の女性が退職代行を使ってみた体験談

私が退職代行を使った時は27歳でした。そのときの職場は比較的規模の大きい本屋さんで、販売店員をしていました。

残業時間、月給、ボーナス

当時の平均残業時間は月25時間、月給は20万円ほどで、ボーナスについては売上次第で決まります。多い時は50万円ほどでしたが、支給されないときもありました。

退職した会社の上司や職場の様子

当時の上司は厳しい面もありましたが、非常に熱心に指導してくれました。スタッフの仲間意識も強く、職場の雰囲気は非常に良かったでした。

退職理由

給与が少なかったという点が退職理由です。結婚して子供が生まれたため、これまでの給与水準では生活ができないと思い、転職を決意しました。

弁護士系の退職代行サービスを選んだ基準

退職代行は友人の紹介で知りました。その友人は実際に退職代行を利用して上手く退職したので、私もそれを利用しようと思いました。

退職代行サービスの申し込み後の対応

退職代行サービス申込まではいろいろと不安はありましたが、申込後はほとんどの手続きを代行してくれたので、スムーズに進むことができました。

有給休暇の消化や退職日

退職日については予定していた日よりもやや遅れることとなりましたが、概ね希望通りの成果で満足しています。

退職代行のメリット、おすすめできる点

退職代行の人とコミュニケーションを取りながら進めていくので安心感があるという点がメリットだと感じています。

退職代行の費用、デメリット

退職代行のデメリットは退職代行の人が忙しかったため打ち合わせの日取りがなかなか取れなかったことです。希望していた退職日が少しずれたのもこれが原因です。

退職代行の利用後に後悔や失敗はないか?

退職後はすぐに転職先を見つけることができました。転職先の給与水準も比較的良いので生活環境は改善しました。

27歳アパレルメーカー販売職の女性が退職代行を使ってみた体験談

退職代行をお願いしたのは27歳の頃です。アパレルメーカーで販売職の仕事でした。職場はショッピングモールなどで、店頭でお客さんに洋服を売る仕事でした。

残業時間、月給、ボーナス

残業はほとんどありませんでした。月給は手取りで22万程でした。ボーナスは数万円程度でしたが夏と冬に一応ありました。

退職した会社の上司や職場の様子

上司は配属の店舗により変わりますが、いい上司のときは良いのですが、店舗の移動でひどい上司にあたることもありました。

退職理由

退職を考えた理由は上司のいじめです。人のミスでも私のミスとされ勤務中長時間ぐちぐち叱られるようになりました。

弁護士系の退職代行サービスを選んだ基準

上司に辞めるといいづらく退職を我慢していましたが、退職代行をネットで偶然見つけて、いろんな人の口コミをみて自分もこれなら辞められると思いました。

退職代行サービスの申し込み後の対応

退職代行に申込みをしたら即、代行サービスから退職の連絡をしてくれて、すんなり退職でき、自分が思っていた不安なやりとりをしないですみました。

有給休暇の消化や退職日

退職日は希望通りの日にできました。有給は特になかったので、やめたいと思っていた月末ぴったりに退職することができました。

退職代行のメリット、おすすめできる点

退職代行のメリットは、私は嫌な上司と話をしたくない状況だったため、退職を代行サービスにすべて任せることができたことです。

退職代行の費用、デメリット

退職代行を使わなかったら精神的に不安定な状況のままやめることができずにいたので、私にとってデメリットはありません。

退職代行の利用後に後悔や失敗はないか?

退職後は、もともと好きだったcafeでフリーターとして、珈琲ついて勉強しながら楽しく働いています。バリスタになって自分のお店を持つという夢ができました。

28歳看護師の女性が退職代行を使ってみた体験談

退職代行を利用したのは28歳の時です。仕事は看護師をしていました。職場は病棟勤務で、夜勤もありました。

残業時間、月給、ボーナス

月の平均残業時間は約40時間でした。勤務日はたいてい残業がありました。月給は約25万、ボーナスは年2回で、1回あたり約30万です。

退職した会社の上司や職場の様子

当時の職場の雰囲気は概ね良好でしたが、中にはいつも不機嫌で周りにきつく当たる上司もいました。その上司と仕事をする時は、いつも以上に緊張しました。

退職理由

退職を決めた理由は、結婚し出産を控えていたので、その後の子育てのことも考え夜勤のない職場に転職したいと思ったからです。

弁護士系の退職代行サービスを選んだ基準

退職代行はネットでサイトを探しました。自分が職場に行かなくても退職ができる、有休消化も交渉してくれるところを選びました。

退職代行サービスの申し込み後の対応

申込した退職代行サービスを利用したことで、嫌な上司と顔を合わせることもなくスムーズに手続きが進みました。

有給休暇の消化や退職日

退職日はもちろん、有休消化や残業代請求の交渉もしてくれ、もめることなく希望通りに退職することができました。

退職代行のメリット、おすすめできる点

なかなか退職を言い出しづらい業種や職場にとって、直接自分が上司に対面したり交渉したりしなくても退職手続きを行えるところがメリットのひとつです。

退職代行の費用、デメリット

退職代行サービスはまだまだ浸透していないので、退職代行を利用することが理解されないことがあるところや、費用が発生するところがデメリットです。

退職代行の利用後に後悔や失敗はないか?

退職後に転職した職場は夜勤がなく、残業も少ないので、家庭と仕事を両立するという希望に合った働き方ができています。

35歳のハウスメーカー営業職の男性が退職代行を使ってみた体験談

仕事を辞めたいと思ったのは私が35歳の頃で、ハウスメーカーの職場の営業マンとして勤務して5年目の時でした。

残業時間、月給、ボーナス

当時の平均残業時間は月40時間にもなり、かなりの負担となっていました。月給は残業代込みで大体30万円ほどでした。

退職した会社の上司や職場の様子

当時の上司は体育会系の人で、熱血指導を受けていました。ついていける人はいいのですが、ついていけない人は辛そうでした。

退職理由

退職しようと思った理由は、私の営業成績が思ったように伸びず、その結果うつ病になってしまったからです。

弁護士系の退職代行サービスを選んだ基準

直性上司に退職したいことを言えず、先に退職した先輩から退職代行を教えてらもい、インターネットで検索して探しました。

退職代行サービスの申し込み後の対応

私が選んだ退職代行サービスでは、相談回数が無制限だったので申込しました。不安でしたが、スムーズに退職することができました。

有給休暇の消化や退職日

退職日は私が希望していた日にうまく調整してもらい、退職することができました。有給休暇の利用や残業代なども希望通りにいきました。

退職代行のメリット、おすすめできる点

退職代行サービスを利用する一番のメリットは、私のようにうつ病になってしまった精神状態であった場合、心理的負担が軽くなることでしょう。

退職代行の費用、デメリット

退職代行サービスを利用するデメリットは、直接退職願を出さないことに対して、会社に対して申し訳ない気持ちになったことです。

退職代行の利用後に後悔や失敗はないか?

退職後は、しばらく休養しました。うつ病も退職したことにより、改善しました。現在は新しい転職先で楽しく働いています。

退職代行の比較、口コミの一覧

34歳一般事務職の女性が退職代行を使ってみた体験談

新卒で12年IT系の会社で事務職をしていましたが、34歳で退職代行を利用しました。職場の環境が大きく変わったことが原因です。

残業時間、月給、ボーナス

残業時間は月平均20時間でそれほど多くありませんが月給とボーナスを含めた給与改定が行われました。月給が30万で固定になり昇給が見込めなくなりました。

退職した会社の上司や職場の様子

上司はすでに固定給なので、一般職の給与改定にまったく興味はなさそうでした。私と同じ状況の人たちの士気は下がり、全体的に殺伐とした雰囲気になりました。

退職理由

退職理由は今後頑張っても、事務職では給与が上がったり、昇進したりする可能性は低いと人事部にいる同僚から聞いたことも退職に踏み切った理由のひとつです。

弁護士系の退職代行サービスを選んだ基準

会社側と全く話さなくてもよい、対応が親切で頼れそう、などの基準でインターネットから希望に合いそうな退職代行会社に何件か問い合わせをして決めました。

退職代行サービスの申し込み後の対応

退職代行サービスに申込後、会社からなにか言われたりするかもしれないと心配でした。しかし、そのようなことはなく退職手続きはスムーズに進んだと思います。

有給休暇の消化や退職日

会社のいままでの対応に少し不信感があったので、有給の買取をしてくれるのか不安でしたが、退職日の調整を含め依頼したことはほぼ希望通りになりました。

退職代行のメリット、おすすめできる点

第三者のサポートを借りて円満に退職できるという安心感が一番のメリットです。不安な気持ちにならないようにサポートしてもらえました。

退職代行の費用、デメリット

あまりデメリットは見当たりませんでしたが、あえて挙げるとすれば費用が別途かかるということくらいでしょうか。

退職代行の利用後に後悔や失敗はないか?

退職後は少しゆっくりしていたので、転職活動をする余裕ができました。次は自分が頑張れば給与がアップできそうな会社を探しており、数社面接に行く予定です。

27歳営業職の男性が退職代行を使ってみた体験談

退職代行サービスを使ったのは27歳の時で、その当時は、製造業を営んでいる職場で営業職として働いていました。

残業時間、月給、ボーナス

営業職という理由もあり、ボーナスはなかったものの月給は手当込みで24万円前後、平均残業時間は20時間に及んでいました。

退職した会社の上司や職場の様子

勤めている人数が少なく、1人が複数の仕事を掛け持ちしているせいか、上司も含めて常に緊張状態の職場で働いていたと記憶しています。

退職理由

仕事に支障が出るほど健康状態が悪化していると、会社の健康診断で言われた点が、退職を決意する最大の理由でした。

弁護士系の退職代行サービスを選んだ基準

残業代も含めて請求できるかに加え、退職後も転職活動のサポートが充実しているかを基準として、インターネットを利用して退職代行サービスを選びました。

退職代行サービスの申し込み後の対応

退職代行サービスに申込した後は、担当者が退職手続き等を行ってくれた点が心強く、退職後の入院手続き等がスムーズに行きました。

有給休暇の消化や退職日

労働組合系の退職代行サービスに申し込んだため、退職日の調整や残業代金の請求に関する交渉に関しても、希望通りになりました。

退職代行のメリット、おすすめできる点

有給休暇を利用して入院準備等に時間を割ける等、引き継ぎを理由として退職日まで出社する必要がない点がメリットでした。

退職代行の費用、デメリット

退職代行サービスを利用するための費用が数万円かかる点と、退職の意思を伝えた後、有給休暇を使う理由を会社側に伝えなければならない点が、デメリットでした。

退職代行の利用後に後悔や失敗はないか?

退職後すぐに入院して治療に専念でき、退院後も退職代行サービスの転職サポートを活用しながら、短時間で再就職ができました。

28歳事務職の女性が退職代行を使ってみた体験談

私が退職代行を使ったのは28歳のときで、当時の職場では一般事務をしていました。大学を卒業してから正社員として数年勤めた会社でした。

残業時間、月給、ボーナス

月給は20万円程度で、ボーナスは30万円くらい頂いていたと思います。残業は月に20時間くらいするときもありました。

退職した会社の上司や職場の様子

職場の上司は本当に怖くて、私は仕事の覚えが悪いということで日頃からきつく怒られていました。職場の雰囲気はけっこうピリピリしていたと思います。

退職理由

退職した理由は、上司の叱責や職場の殺伐とした雰囲気に耐えることができずに精神を病んでしまったことです。

弁護士系の退職代行サービスを選んだ基準

退職届を出そうにも出せずにいることを友人に相談したときに、退職代行を勧めてもらいました。数あるサービスの中でも、LINEで気軽に相談できる会社を選びました。

退職代行サービスの申し込み後の対応

退職代行サービスに申込みをして、かなりスムーズに退職できたと思います。自分で退職届を出す勇気が出なかったのでとても助かりました。

有給休暇の消化や退職日

退職日や有給休暇、残業代も希望通りになったと思います。もし自分で交渉をしていたなら、希望のとおりにはなっていませんでした。

退職代行のメリット、おすすめできる点

退職したいのに自分で届けを出す踏ん切りがつかないとき、代行によって確実に退職することができるのは大きなメリットだと感じます。

退職代行の費用、デメリット

退職代行の会社が本当に信頼できるものであるのか確かめなければならない点と、確実に退職できているのか不安になってしまう点はデメリットだと感じました。

退職代行の利用後に後悔や失敗はないか?

退職後は精神科に通い、仕事をしていたときに感じていた終日の気分の落ち込みや集中力散漫が寛解してきたので、かなり生活は改善しました。

32歳エンジニアの男性が退職代行を使ってみた体験談

退職代行を利用したのは32歳の時です。職場は製造業の会社で、エンジニアとして約10年間勤務してきました。

残業時間、月給、ボーナス

平均残業時間は週20時間を超えていましたが、残業代がつく事はほとんどありませんでした。また月給は30万円でボーナスは寸志程度しか貰っていません。

退職した会社の上司や職場の様子

人の出入りが早い職場でした。上司の人柄は悪くないですが、とにかく労働条件が過酷で、嫌々勤めている社員が多かったと思います。

退職理由

退職しようと思った理由は、友人から残業代が出ないはおかしいと指摘され、探せばもっと良い職場があると言われたからです。

弁護士系の退職代行サービスを選んだ基準

退職代行はネットの口コミを見て探しました。自分の決心は固かったので、必ず会社を辞められるよう実績を重視して選びました。

退職代行サービスの申し込み後の対応

退職代行サービスに申込をした後は、自分が会社に出向く事も電話をかけることもなく、スムーズに退職の手続きが済ませられました。

有給休暇の消化や退職日

有給休暇は無事に消化できましたが、希望していた退職日よりずれ込みました。また未払いの残業代については交渉できず、支払って貰えませんでした。

退職代行のメリット、おすすめできる点

メリットは自分で「退職したい」と伝えなくて良いことです。上司の顔を見るとなかなか言い出せなかったので、代行サービスに間に入って貰ったのは助かりました。

退職代行の費用、デメリット

デメリットは上司や同僚に罪悪感を感じる事です。代行サービスを通して会社を辞めた事で、気軽に会えなくなりました。

退職代行の利用後に後悔や失敗はないか?

退職後は心機一転、別の会社で働いています。焦らず仕事探しをしたお陰で、残業が少なく休みもきっちり取れる職場が見つかりました。

28歳自動車販売職の女性が退職代行を使ってみた体験談

私が28歳の時に、自動車の販売をしている事務の職場をやめたいと思いました。主な業務は、販売員が車を成約した時に取り扱う書類を作成することです。

残業時間、月給、ボーナス

残業は月平均で20時間程度で、月給は22万円です。ボーナスは年2回の支給でそれぞれ30万円程度でした。

退職した会社の上司や職場の様子

当時の上司は作業指示ばかりで、こちらの困ったことなどの業務相談がしにくい環境でした。同僚も個人業務の雰囲気があるせいか、協力を求めにくかったです。

退職理由

退職を決意した理由は、作業指示が一方的で、忙しい環境の中で作業をこなすだけという雰囲気で、心が沈んでいました。心療内科に通うとうつ病だったのです。

弁護士系の退職代行サービスを選んだ基準

退職代行はインターネットの口コミを参考にさがしました。しかも、プライバシーを守り担当者だけで会社と交渉してくれるサービスを選びました。

退職代行サービスの申し込み後の対応

退職金や退職タイミングや手続き方法などこちらの要望を直接担当者が交渉してくれたため、退職の申込がすぐに完了しました。

有給休暇の消化や退職日

退職日は業務の引継ぎを前提に納得のいく期日となり、有給休暇はすべて消化することができ希望通りになりました。

退職代行のメリット、おすすめできる点

メリットは、退職に関する有利な知識を教えてくれるので、損をすることなく退職することができることです。

退職代行の費用、デメリット

デメリットは手数料を取られてしまうことで、すこし費用が高いことです。また、退職までの期間は職場メンバーとの間にわだかまりを感じました。

退職代行の利用後に後悔や失敗はないか?

退職後は、今回の職場の教訓を踏まえた職場選びをすることができました。やりがいのある自分を成長させる職種についています。

退職代行(労働組合系)の体験談のまとめ

退職代行を使ってみた体験談は、いかがでしたでしょうか?
労働組合系の退職代行は費用は一定額かかるようですが、それ以外のデメリットの声はありませんでした。
退職代行サービス別の口コミや評判は下記のページにまとめていますので、ご活用ください

退職代行の比較、口コミの一覧

退職代行サービス一覧
  • 退職代行NEXT

    退職代行NEXTは、弁護士サポートの退職代行サービス 弁護士が対応できる範囲は「雇用契約の解除」行為となり、 法律上の動きとなりますので、それらにまつわる未払い残業代、 有給取得を含む給与等の請求についてもスムーズに行うことが可能です。 また、弁護士が受任することによって後に響かない退職が可能です。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディガンは、東京都労働委員会認証の合同労働組合が運営する退職代行サービスです。 労働組合による運営なので、低価格で確実に退職することができるのが特徴です。   即日対応であるので、申込後に出社する必要はありません。 (就業規則に1ヶ月という記載があっても出社不要)
  • 弁護士法人みやびの退職代行

    弁護士法人みやびの退職代行サービスは、弁護士法人による退職代行サービスのため、退職代行と合わせて残業代請求交渉、退職金請求交渉、有休消化交渉も成功報酬で依頼することができます。