仕事辞めたい

28歳保育士が深夜2時までのサービス残業が理由で仕事を辞めたくなった結果

私が保育士を辞めたいと思ったのは、28歳の時でした。結婚して再度就職した職場で当時子どもは2歳、5年目の時でした。当時は年中クラスの担当でした。

退職を考えた理由は?

退職の理由は勤務時間外の会議の長さです。職場では毎月閉園後にミーティングがあり、運動会や発表会のシーズンはミーティングが何時間も続き、深夜2時ごろ終了ということもありました。ミーティングの時間は特に時給や手当が出るわけでもなく、2歳の子供を家族に任せて夜を空けてしまうことに苦痛を感じていました。

退職を誰かに相談しましたか?

まずは、苦痛だったミーティングへの参加を減らすことは出来ないか主任保育士に相談しました。主任保育士は親身になって対応してくれましたが、園長より「ミーティングに出ないというのは仕事を放棄するということか」と言われ退職の意思を固めました。

退職の手続きは、どのように進めましたか?

退職はすぐに園長に伝えました。当時10月だったため3月末までは在職すると伝えましたが、園長からは有給消化のため2月末でいいと言われそのようにしました。

退職した後は、どのように過ごしましたか?

2月末に退職後、すぐに人材派遣会社に登録をしました。1週間後にいくつか紹介され面接を行い、退職して1ヶ月後には他の職場で働き出しました。

退職後の変化は?

新しい職場は病院の受付事務です。職場の雰囲気や働き方は落ち着いており、残業もありません。給与はあまり変化ないですが福利厚生が充実しました。

退職して良かったですか?

退職して良かったことは、仕事と家庭をきっちり分けることが出来たことです。持ち帰りの仕事もなく、業務に追われるということから抜け出せました。今まで仕事中心の日常だったのですが、今は家庭中心に生活をしています。

今は、どのように過ごしていますか?

今転職をして2年が経ちました。一番変化したのが家の中です。前は、掃除する気力がなかったのですが今では整理整頓が出来るようになりました。

退職に悩む人へのアドバイスは?

保育士として働いていた私は、一生懸命全力で働くことが重要だと思っていましたが、職場を変えることによって、力を少し抜いて働くというのもとても重要だと感じました。転職することによって様々な事を学べたので私にとってよいきっかけだったと思っています。

今後の目標や計画は?

今後はまずは子育て中心に仕事をしていきたいです。そしていつか落ち着いたらまた保育士としても働きたいと思っています。

退職に悩んだ時は、転職サイトも活用したり、友人に相談することも

退職で悩むときは、その仕事や生活の不安も大きくなります。親しい友人に相談したり、客観的にみて転職した方が良いのか、退職サービス一覧などをチェックしてみるのも一つの方法です。
退職体験談が参考になれば、幸いです。

ABOUT ME
ゆかりん姉さん
【ゆかりん姉さんの経歴:一部】 ・18歳から63歳までの就活支援の経験あり ・職業訓練の講師資格持ち ・自分自身も3回転職 ・採用担当をやったいた時期も ・いまは、お仕事系メディアの管理人
ゆかりん姉さんがLINEでお仕事紹介

LINEチャットボットが、あなたにあったお仕事を紹介♪

未経験OKのお仕事から、プロフェッショナルなお仕事まで、おすすめの情報をお知らせ
安心して始められるウェブサイトを紹介してますよー

 

スマホ

  • 下記のボタンから友だち登録してください
友だち追加
  • または、下記のQRコードから友だち登録してください
退職代行サービス一覧
  • 退職代行NEXT

    退職代行NEXTは、弁護士サポートの退職代行サービス 弁護士が対応できる範囲は「雇用契約の解除」行為となり、 法律上の動きとなりますので、それらにまつわる未払い残業代、 有給取得を含む給与等の請求についてもスムーズに行うことが可能です。 また、弁護士が受任することによって後に響かない退職が可能です。
  • 退職代行ガーディアン

    退職代行ガーディガンは、東京都労働委員会認証の合同労働組合が運営する退職代行サービスです。 労働組合による運営なので、低価格で確実に退職することができるのが特徴です。   即日対応であるので、申込後に出社する必要はありません。 (就業規則に1ヶ月という記載があっても出社不要)
  • 弁護士法人みやびの退職代行

    弁護士法人みやびの退職代行サービスは、弁護士法人による退職代行サービスのため、退職代行と合わせて残業代請求交渉、退職金請求交渉、有休消化交渉も成功報酬で依頼することができます。